鉄道の楽しみ方

鉄道の楽しみ方

鉄道写真の魅力について

鉄道ファンの中には、写真を撮ることを趣味にしている人も多いです。全国には多くの鉄道路線があり、ローカル線も含めればその数は数えきれないほどです。田舎の田園の間を走ったり、うっすら雪化粧した景観を走る区間など、写真を撮るのに絶好のポイントというのも全国至る所にあります。また、テレビの旅番組でも気ままに出かけて写真を撮るというものがあり、そういった番組を見てそういった趣味に興味を持つようになった人も多いです。自然が作り出す見事な背景の場所もありますし、路面電車と交差する踏切の場所など、鉄道ファンの間で噂になっているようなポイントには、1年を通して全国からファンが訪れます。都会ではやはりダイヤの多さから多彩な車両の列車を目にすることが出来るのが魅力です。駅にホームで1日カメラを準備していると、特急、急行、普通、貨物列車など、実に多くの車両に出会えることに感動する田舎出身の鉄道写真ファンの方も多いです。

鉄道写真の撮り方について

鉄道写真には明確な定義はないので、自宅で鑑賞したり見に行ったことを記録したりする目的であれば、自分の好きなようにシャッターを切ります。自分が良いと感じた部分や強調したい部分がはっきりしていると、奥の深い写真が撮れます。ハイアングルでは上から被写体を見下ろすので、鉄道の屋根部分が良く見えます。ルールを守り無理をしない範囲で線路に近づいて撮影すると、周囲の景色はほとんど写りません。焦点距離が長くなると鉄道が占める割合が大きくなりますが、シャッタースピードを速くしないとブレます。カメラに近づけば近づくほどスピードが速く感じられるので、心理的影響が大きく焦らずピントが合う瞬間にシャッターを切るのがポイントです。車両が長い場合は、カーブに差し掛かった時がシャッターチャンスです。カーブの内側の線路でカメラを構えて、鉄道を見上げるような構図にします。全ての編成を入れられるので、正面だけでなく側面を鑑賞したい人向けです。

recommend

大阪でボルダリングを楽しむ

2017/6/9 更新